インデックス 
  
TOP 
  
インデックスのご紹介 
  
インデックス・パフォーマンス 
  
ファクトシート (概要書) 
  
コンストラクション&メソドロジー
(構築方法)
 
  
株式インデックス 
  
投資戦略関連インデックス 
  
通貨インデックス 
  
債券インデックス 
  
カスタム・インデックス 
  
世界株式探検隊 
  
リサーチレポート 
  
お問い合わせ窓口 
Russell Investments Home



Russell/Nomura Primeインデックスの特徴



新しいページ 1

「Russell/Nomura Primeインデックス」は、Russell/Nomura日本株インデックスのシリーズの一つとして、インデックス連動を目指すパッシブ運用に適したベンチマーク・インデックスです。

インデックスの特徴

 
  1. 浮動株調整時価総額上位1,000銘柄から構成されており、高い市場カバレッジを実現しています。

  2. 東証一部の上場企業のみに構成銘柄を限定せず、東証二部、大証、名証、JASDAQなどを含む全市場の上場銘柄を対象に、広範な銘柄群から選択しています。

  3. 浮動株調整を施すことにより、投資可能性に考慮をしています。

  4. 年1回実施する構成銘柄の定期入替の際に、「リバランスバンド方式」により時価総額の僅かな変動による頻繁な銘柄の入れ替えを抑制しています。また、「ネガティブリスト方式」により、流動性が著しく低い銘柄の組み入れを抑制しています。

  5. 合併や株式移転の際の一時的な上場廃止銘柄について、これを連続的にインデックスに組み入れます。

指数計算基準日

1996年12月30日を指数開始日とする
  定期入替えは年1回(毎年12月第1営業日)

 

データのご提供

データのご提供については、『Russell/Nomura 日本株インデックス』のページをご覧ください。

 

先物商品について

Russell/Nomura Primeインデックスを対象とする先物商品が、2005年4月25日に大阪証券取引所に上場されました。


Top





印刷用のページはこちらへ



 

ご利用にあたって 勧誘方針 個人情報保護宣言 プライバシーの取扱い方針について証券取引等監視委員会<情報受付>議決権行使の考え方および議決権行使結果苦情処理措置及び紛争解決措置電子公告「日本版スチュワードシップ・コード」の受入れ

Copyright© Russell Investments 1995-2014. All rights reserved.